1966年、所沢で生まれました。
        米軍基地跡(現.航空公園)と雑木林。
        そこが私の遊び場でした。

        基地跡は当時で戦後25年は経っていたのに、
        荒れ果てた風景はかすかな戦後の匂いがして
        野放図な自由と寂しさが混在していました。
                
        漂流していた20代の後半、
        偶然庭づくりの仕事に携わる機会に恵まれ、
        仕事に対する心の在り方を学びました。

        1999年、ワイルドグリーンという名で
        見切り発車の独り立ちをしました。
        無茶な屋号も若気の至りそのものです。
        
        今日まで多くの方々とのご縁のもと、
        今もなお「庭しごと」にて汗と恥をかけることに、
        ただ、深く感謝すること以外に思い当りません。

        人や緑のナイーブさが、さりげない
        「品」のある風景を生むことがあります。
        それを見つめていくことが私の仕事かもしれません。
        

                             高瀬俊彦